プロフィール

こんにちは! 阪田ゆりかです。

こちらのページにお越しいただき、ありがとうございます!

 

1982.11.16 埼玉県生まれ。
元小学校教員。
退職後、コーチング業を開始。
その他、サロンプロデュース、子ども向け塾プロデュース、音楽ライブプロデュースなど。
現在は、女性経営者向けのトータルコーチをしながら、
ビジネスプロデュース業、オンラインサロン主宰なども行っています。

 

ご挨拶

私は現在、マインドセットアップやお金に対する深層心理、人財育成のトータルサポートを行い、女性がもっと楽しく理想の人生を叶えるお手伝いをしています。

多くの女性は、「もっと自分にふさわしい幸せを手に入れることができる」ということに気づいていません。しかし、私はパニック障害をきっかけに自分の人生を見つめなおした時、ある「知識」と「技術」を知っていれば、誰もが簡単に「より楽しく、よりよい人生を自分で作り出せるのだ。」ということに気づきました。この「知識」や「技術」は、習慣にしてしまえば本当に誰もが簡単にできるもので、今や私のクライアントさん達もどんどん「自分の欲しい人生」を手に入れた生活をしています。

私は、大学を卒業後、20代前半に就職しましたが、結婚、出産と大きなライフイベントがあった頃からパニック発作に悩まされるようになり、心理学や潜在意識、NLPなどを学び始めました。その後、転職するにあたりお金の悩みが生まれ、お金の悩みを解決するためにお金の深層心理について学びました。もうこの辺りでは、夫婦関係も離婚寸前な状態でしたが、藁をもつかむ思いでコーチングを受けたことで私の人生は大きく大きく変わりました。

このような私の「健康」、「お金」、「パートナーシップ」についての経験・学びをもとに、現在はトータルコーチとして主に「組織(グループ)」の「経営」に携わる方へ向けたコンサル型コーチングのトータルコーチサポートをしながら、講座開催、ビジネスや人材のプロデュース、オンラインサロン主宰などの活動をしています。

パニック障害、体調不良のはじまり

私は、大学卒業後、小学校教員のお仕事をはじめました。

学校の先生にすごくなりたくてなったわけではなかったのですが、お仕事を始めたら子ども達と過ごす日々がとても楽しく、忙しくも充実した日々を過ごしていた中、25歳で結婚することになりました。私が体に異変を感じはじめたのが、ちょうどこのころです。

このころは、毎日13時間くらい、お昼休みもなく毎日働いていました。仕事をしている時間はとても元気なのに、ふと体を休めようとすると軽くめまいを感じたことが始まりでした。ある日、電車に乗れなくなったのです。乗ろうとすると、めまいがするのです。家族で大型バスに乗ったときは、息苦しさと不安感でいっぱいですごく苦しかったのを覚えています。でも、仕事をしているときはとても元気で、1年のうちほとんどの時間を仕事に費やしていたので、「ちょっと疲れているのかな。」くらいにしか受け止めていませんでした。

そんなふうに、自分の体調をごまかしごまかししているうちに妊娠し、一人目を出産しました。その後、二人目の出産後にかけて私の体調は著しく悪化していき、顔面麻痺で入院したり、起き上がることができないほどの頭痛が続いたり、公園やスーパーにも行けない、日常生活が安心して送れないほどのパニック発作が続くようになりました。

今、子どもが小さかった頃の写真を見返すと、こんなに我が子が可愛い時期を体調不良で楽しむ余裕すらなくすごし、もったいなかったなぁと思います。

一人で苦しんでいた日々

頭痛やパニック発作の予期不安で思うような子育てができず、一人苦しみ、自分を責めてばかりいたある日、さらに私を追い詰める出来事が起こります。

実は、今でこそ芸能人の方や著名人の方が公表しパニック障害を知っている人は増えましたが、10年前はほとんどその名前を知られておらず、私はパニック障害のことを誰にも相談できず、夫にも伝えることができていませんでした。

そんな中、家族で出かけた先で私の発作がおき、夫に「ママのせいで、家族が楽しめない。」と言われたのです。それまでも、予期不安で子どもが楽しみにしていた公園に直前になって連れて行けない、ということは何度も繰り返していてそのたびにそんな自分を責めていたので、夫の一言は「もう限界だ。」と地の底に叩き落されたようでした。

パニック障害を克服するために学んだことと挫折

夫の一言で限界を感じたのが2015年の夏でした。

それから「パニック障害を治そう!」と心に誓い、ネットで様々な情報を集め始めました。薬の治療が無意味に感じていた私は、「心を変えれば病気が治る。」ということを発信している方と出会い、それ以降、「元気になりたい!家族と毎日楽しく暮らしたい!」の一心で、様々な学びを始めました。

心理学、質問、潜在意識、量子力学、占星術。多くの学びを通して自分と向き合ううちに、私は自分がいかに自分自身を生きていないのだ、ということを痛感させられました。自分という人間をあまりにも知らず、自分の内側をみようともせず生きていたこと。女性の心と体のつながり。たくさんの知識を教えていただき、これだけいろいろ学んだのだから、これからはきっと元気に楽しく働けるはず!そう思って2017年、意気揚々と大好きだった仕事に復帰しました。

学んだ心理学や潜在意識の知識を使って、今度こそ元気に楽しく働ける!!そう意気込んで職場に復帰した私を待っていたのは、またも苦しくどん底の日々でした。子ども達の夜ご飯は週4日はコンビニ弁当を車の中で食べさせることでなんとか一日が回っていましたが、それでも終わらない大量の仕事を抱え、自分の体調不良に加えて忙しさと家事育児の分担の話のもつれによる夫との不仲。耳鳴りは止まらない、休む時間も場所もない。心理学や潜在意識を勉強し、日常生活に使っているつもりなのに、幸せになれない。以前のように、手の平の生命線をながめながら、私はいつまで生きられるのだろう、と考える日々がまた始まっていました。

そんな時にふと思ったことが、働き方を変えようか。でした。実は、心理学や潜在意識を勉強していたときに、講師兼社長としていきいきと活躍されているたくさんの女性と出会いました。その方たちは、多くの女性を豊かにするサポートをされていて、素敵だなと感じていたのです。私も、その方たちのように、たくさんの女性をより豊かに幸せに導くような人になりたいな。と思いました。女性が幸せであることは、家族や子どもたちの幸せにもつながる、と教員をしながら強く感じていたからです。さらに、私には学生時代からの知り合いや友人に、自分で会社を経営していたりフリーランスで活躍している人がとても多く、公務員という枠の中で生きる以外の道もいいな、と思い始めました。しかし、小学校の先生しかやったことのない私、子どもに勉強を教えることしかできない私に、何ができるっていうのだろう。私には、子どもに勉強を教えることしか能がない。やりたいこともないし、ましてや、安定した公務員を辞めてしまったら経済的にも苦しくなってしまうのではないか。そんな気持ちを抱えながら1年ほどモヤモヤしながら過ごしました。

マネーセミナーで転機が!コーチングとの出会い

「やっぱり私には、何もできないのではないか。」「退職後、お金はどうしたらいいのか。」

退職を希望するも特に他にやりたいこともなく、辞めたあとのお金の心配もあった私は1年近くモヤモヤが続き、もうこのままずっと人生を変えられず、公務員でいるのか、と諦めかけた矢先、大きな転機が訪れました。それは、退職後のお金の心配を少しでも改善しようと、ティム先生・クリス先生のマネーセミナー(The Wealthy Mind)を受けたことからはじまりました。「働き方を変えたい。そのためにはまず、お金の勉強をしたい。」。そう思って受講を決めたのですが、このときお金の深層心理を学んだおかげで、私のお金の価値観はがらりと変わり、さらに自分がなぜ体調不良に悩んでいたのかがはっきりとわかったのです。そして、このセミナーがきっかけで、私自身を大きく大きく変えてくれたコーチングのコーチと出会い、その後私の人生は奇跡と思えることがさまざまに起こり続け、人生があっという間に変化しました。一番大きく変わったことは、「自分に自信が持てるようになった」ことです。正直、最初にコーチと出会ったときは、何度も何度も「自分に自信がない。」「なんでそんなに自信が持てるんですか?」とコーチに聞いていました(笑)

コーチングで私は変わった

それまで、さまざまな知識を学んでいた私でしたが、コーチングのコーチは「実際に行動する技術」を教えてくれました。今までの学びが「机上」のものであったとすると、コーチングはそれを自分の人生で実践する「実践編」のようなものでした。コーチングは私に自発的に行動するよう促し、実際行動し、フィードバックを得られ、よりよく改善し、次の計画を立てる、を繰り返す、D(とにかくやってみる)C(振り返る)A(改善する)P(次の行動を計画する)サイクルに成り立った行動学だったと思います。私はこのコーチングのおかげで、今までの自分の人生では全く考えられなかった行動をしたり、そのおかげでよい結果が次々と現れたりしました。

まずは、私の人生を大きく変えた行動が「歌を歌う!」と決めたことです。私の無意識の中にはずっと、「私は何事も達成できないバカである」という気持ちが深く深く根付いていました。(これは学びの中で見つけた、私が当時持っていた潜在意識です。誰にもバカと言われた経験がないのに、ずっと自分はバカだなぁと深層心理で思っていました。)私がこれに気づいたとき、「自分の人生でやり残していることをやりたい!」と強く思い、その後作詞を学び、1年後には自主制作CDを全国リリースし、数々のステージにも立たせていただきました。

そして、お金の不安からずっと決意できなかった公務員を辞め、翌月には個人事業主として講座講師、コーチングコーチとして独立。ずっと「お金が心配だから公務員を辞められない」と思い込んでいたけれど、お金の深層心理を学び、コーチングを受けたことで、辞められなかったのは「お金が理由ではなかった」ということに気がつくことができました。

さらに、忙しい毎日の中、長年にわたって喧嘩続きで、私が公務員を辞めるときには大反対し、「辞めたら離婚だ!」とまで言われていた夫との不仲がどんどん改善していき、あれよあれよという間に夫が大出世!これにはさすがの私もびっくり(笑)そして今では、夫が私のことを一番応援してくれる存在となりました。

体調不良、お金の問題、パートナーシップの問題を持ち、さらにはまだ小さな子供たちを抱え、公務員として働きながら「どうしても人生を変えたい。」と泣く私に、毎週毎週朝5時や6時からコーチングをしてくれたコーチングのコーチには、心の底から感謝しています。

現在

独立後、コーチング業、講座講師などをメインにしながら、音楽活動をしたり、子ども向けの学習塾や英語塾の立ち上げ・経営、ヨガクラスのプロデュース、音楽ライブトータルプロデュースなどの経験を経て、現在は、主に女性経営者の方から経営者をめざす方までのトータルコーチサポートサービスを行っています。経営者の方メインでお伝えしているのは、組織のリーダーにお伝えするとそのグループに所属する人たち全員に影響を与えることができると考えているからです。

心、脳、言葉の力に関わる「知識」と行動できる「技術」を知れば、どんな人でも人生をよりよくすることができます。私は、人がどんどん魅力を発揮し輝いていく姿をみるのが大好きです。そして、そんな真理に通じた人生は、愛をベースにたくさんの人に幸せを循環させる生き方です。人がもつ本来の力を信じ、自分を信じ、目の前のクライアントさんを信じ、これからも私自身もクライアントさんと一緒に成長し続けていきます。

阪田ゆりか

はじめに
メニュー

LINE登録はこちらから