BLOG

気持ちを込める、ということ

おはようございます。

阪田結里加です。

 

今日が遠足の息子のために、

今朝は早起きしてお弁当を作りました^_^

実は私、お弁当作りが苦手。

洒落たお弁当は作ってあげられませんが、息子が楽しく遠足に行ってこられるようにと、気持ちだけはたくさん込めて作りました。

 

 

話は変わりますが、

今、埼玉県の小学校では「硬筆」の練習シーズンです。

今年小学生になった息子も、

はじめての硬筆練習に一生懸命に取り組んでいます。息子の場合、お世辞にも字が上手とは言えませんが

(小学校の硬筆の場合、上手=お手本の字に近いことを言います。)、

字を丁寧に書く、という意識が芽生えてきたように感じます。

私は、この丁寧に書こうとする意識こそが、とても大事だな^_^

と思っています。

 

 

丁寧に書く。

気持ちを込めて書く。

 

 

字を丁寧に書こうと思うと、

姿勢を正します。

整った机で書こうとします。

すると、

意識が、

字に集中します。

 

気持ちが、

文字にあらわれてきます。

 

 

お弁当も、

字も、

歌も、

気持ちが込もったものは

相手に伝わる。

 

気持ちが込もったものは、

相手を感動させたり、

勇気付けたり、

元気を与えたりすることができます。

 

 

一つひとつを丁寧に、

すべてのことに

気持ちと

エネルギーを込めて

毎日を大切に生きていきたいな、

と思っています^_^

 

 

今日も素敵な一日を♡

 

 

 

 

 

 

0

一覧に戻る